なっく日報

技術やら生活やらのメモ

fluentdのtail input pluginのposファイルは1つでいい

雪でしたがバッチリ出勤しました🏂

本日もfluentdを触ってましたが、ちょっとしたメモ。

docs.fluentd.org

↑のtail input pluginではpath /path/to/%Y/%m/%d/*みたいなフォーマットが使えます。

したがって、1つのsourceの設定で複数ファイルをtailできます。

そして、どこまで読み取ったかを記録するposファイルは

pos_file handles multiple positions in one file so no need multiple pos_file.

と書いてます。

1つ指定すればいいそう。

実際、path /tmp/hoge.*.log複数指定したときのposファイルの中身は

/tmp/hoge.0.log    000000000000741e        000000000542c5d5
/tmp/hoge.1.log    0000000000000bc8        000000000544be13

みたいになってました。

社内でログファイルの数だけ<source>〜</source>を指定して、全て違うposファイルを指定している設定ファイルを見かけたのですが、そんなことはしなくてよいよ、という話でした。