読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なっく日報

技術やら生活やらのメモ

Visual Studio CodeのKeyBindingをCTRL+Nを↓、CTRL+Pを↑に変更する

しばらくサボってましたが、今日からは再び頑張りたい。。

諸事情により、Visual Studio Codeを触り始めました。

が、違和感を感じたのが各種ウィンドウでCTRL+N、CTRL+Pのキーバインドが効かないこと。

ググッてみたところ

github.com

↑のEmacs向けのキーバインドを公開してくれている方がいました。

ありがたや。

しかし、自分は生粋のEmacsユーザという訳ではなく、とりあえずCTRL+N、CTRL+Pが効けばよかったので

curl -s https://raw.githubusercontent.com/nana4gonta/emacs-visual-studio-code/master/release/keybindings-osx.json | jq 'map(select(.key=="ctrl+n" or .key=="ctrl+p"))'

で該当する設定だけをいただきました。

あとは、Code -> Preferences -> Keyboard Shortcuts でkeybindings.jsonに貼り付けるだけです。