読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なっく日報

技術やら生活やらのメモ

Google Cloud DNSで設定ファイルをimport/exportする

Cloud Deployment Manager にはGoogle Cloud DNSを設定する機能がないっぽいですが、代わりにgcloud dnsコマンドが使えそうです。

コマンド例

エクスポート

↓のコマンドを打つと

gcloud dns record-sets export -z example-com-zone example-com-zone.yml

↓のようなYAML形式で出力されます。

---
kind: dns#resourceRecordSet
name: example.com.
rrdatas:
- ns-cloud-c1.googledomains.com.
- ns-cloud-c2.googledomains.com.
- ns-cloud-c3.googledomains.com.
- ns-cloud-c4.googledomains.com.
ttl: 21600
type: NS
---
kind: dns#resourceRecordSet
name: example.com.
rrdatas:
- ns-cloud-c1.googledomains.com. cloud-dns-hostmaster.google.com. 3 21600 3600 1209600
  300
ttl: 21600
type: SOA

インポート

↓のコマンドでYAML形式のファイルをインポートできます。

gcloud dns record-sets import --delete-all-existing -z example-com-zone example-com-zone.yml

ポイント

  • インポート時には --delete-all-existing を指定しないとダメなよう
  • 書式にエラーがある場合は更新されないので、中途半端な状態にならないかは気にしなくて大丈夫なよう